読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くらすひ

おにぎりと、本と、映画と、雑記。

夏の中を歩く

日差しが強くて、歩いているととろけそうです。でも梅雨が明けてカラッとしているので、風が吹くと汗がとんでいってきもちいい。今年も夏が来ています。

今日は仕事がお休みなので、朝から図書館に行こうと思っていたけれど、起きたら10時くらいだったので、食パンを焼いて食べていたらお昼になってしまいました。お化粧をしていたとき、急に部屋の中を何かがすごい音で飛び回り始めたので、何事かと思ってよく見ると、大きなセミでした(!)。窓は網戸をしめていたので、どうやら昨日取り込んだ洗濯物にひっそりとくっついていたようなのです。(同じ部屋でセミと一夜をすごしていたみたいです。)外で見るよりセミはすごく大きくてすごくはやくて羽の音がうるさくてとてもこわかった。いそいで窓をあけて逃げ回っていたら勝手にセミは出て行ったのですが。セミも大変です。わたしも大変だったけど。こわかったです。

13時ごろ、やっと出かけたら、小学生の男の子が妹と一緒に虫取り網でセミを狙っていました。小さいミンミンゼミ。お姉さんはさっきもっと大きいセミ見つけたヨ。と心の中で思いました。

駅から図書館行きのバスに乗ると、いつも座席のシートの色はオレンジなのに、今日はターコイズブルーだった。沖縄の海の色みたいな、鮮やかなシートだったので、うれしかったです。わたしは青い色が好きだ。夏の焼けたアスファルトの上を、ぐんぐんバスは走ります。

図書館には何かに夢中な人がたくさんいるので、とてもいい。刺繍の本を吟味する女のひと、絵本をぎゅっと抱える小さい子ども、外国の街のことを調べている青年、哲学の本の棚の前にずっと立っているおじさん。わたしは読みたかった本を何冊かピックアップして貸し出しを済ませた後、窓際の椅子に座って一冊の本を一時間くらいかけて読んだ。窓の外から、セミの鳴き声がずっと聞こえていました。

夏はまだまだつづくので、とても楽しみ。